咳が止まらない時に読むページサイトマップ

子供の咳について
子供の咳の原因も基本的には大人と変わりませんが、子供の場合にはインフルエンザや喘息、気管支炎などの病気が大人と比べると重篤化しやすく、時には命の危険にさらされる場合もありますので、大人以上に慎重にすばやく対応することが求められます。

また、乳児・幼児などの赤ちゃんは、「お母さん、僕、熱があるみたいなんだけど…」というように体の不調を自分で訴えることができませんから、その代わりとして、咳き込んだり泣いたりします。このような変化については両親が注意深く観察しておく必要があります。

スポンサードリンク


子供の咳と大人の咳の違い
大人の場合は少々咳が出ても大丈夫な場合が多いですが、子供の場合は大人と比べると免疫力も弱く、病気の進行も早いため、少々の咳だからといって放置していると思いがけない事態を招いてしまう恐れがあります。

また、小児喘息など子供特有の病気もあり、診断も大人に比べると難しいことがあるので、小児科などの病院にいって検査を行ってもすぐには確定診断が付かない場合もあります。

言葉を話すことができない赤ちゃん・乳幼児の場合には、なおのこと注意が必要です。単なる風邪ですら命を危険にさらすことがあるのが、子供なのです。


子供の咳が止まらない場合の対処法
子供の咳が止まらない場合の対処法としては、まず第一に小児科を受診することです。

その際、「咳がいつ頃から始まっているのか?」「どんな時に咳が出るのか?」など、症状について分かっていることを紙などに書いて持っていくと診断の参考になるので良いでしょう。

子供の場合、検査をしてもすぐには原因を特定できないこともありますが、両親が不安がっているとそれは子供にも影響しかねませんので、できることをやったらあとは必要以上に不安がらずに、十分な栄養と睡眠をとることを心がけましょう。

スポンサードリンク


copyright©2010  咳が止まらない時に読むページ  All Rights Reserved |リンクお問い合わせ・免責