咳が止まらない時に読むページサイトマップ

咳が止まらない場合の対処法
咳が止まらない場合の対処法は様々ですが、まず一番大切なことは「原因をはっきりとさせる」ということです。

咳止めなどの薬は一時的に症状を軽減させるのには有効ですが、あくまでも対症療法であり根本的な治療にはなりませんので、まずは咳が出る原因が何なのか?ということをしかるべき病院・医療機関(耳鼻咽喉科や内科)で検査して突き止め、原因となっている病気そのものに対する根本的な治療法を行う必要があります。

スポンサードリンク


「咳」そのものは病気ではありません
「咳」はあくまで、何らかの病気・体の異常によって引き起こされる「サイン」であり、「咳」そのものが病気ではないということは頭の片隅に置いておきましょう。


実際にどのくらい治療法が違うのか?
例えば、咳の原因が風邪だった場合には一般的に抗生物質が処方されますが、これはインフルエンザなどのウイルス性疾患には効果がありませんので、ウイルス性疾患の場合にはタミフルなどの抗ウイルス薬を服用する必要があります。

また、例えば結核の場合にはPAS(パス),イソニアジド,抗生物質のストレプトマイシン,サイクロセリン,リファンピシンなどの多剤併用療法を行うことが原則ですので、一般的な風邪の治療法とは異なります。

このように、咳が出るという症状が同じでも、原因となっている病気によって治療法は大きく変わってきますので、まずは内科などの医療機関で検査を行い、原因を突き止めることが必要なのです。

スポンサードリンク


copyright©2010  咳が止まらない時に読むページ  All Rights Reserved |リンクお問い合わせ・免責